読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋ウィメンズマラソン完走記④-当日の話その3・完走後の話-

 ゆるーく振り返りその4。

今回は完走後の話や夜ごはんの話などなどの話です。

 

前日編

yururi21.hatenablog.com

当日朝からハーフまで

yururi21.hatenablog.com

ハーフからゴールまで。

yururi21.hatenablog.com

 

完走した後の話

ゴールしたあとは少し進んだところで写真を撮ってもらいつつ、ティファニーを貰いに。

f:id:yururi21:20160317234842j:image

一人、長蛇の列が出来ている人がいたので、ちゃっかりその人の所に並んで頂いちゃいました。

そのあとは、メナードからの完走賞と完走Tシャツとタオル。

 

 

荷物を受取って整理して、疲れたのでちょっと蹲っていたら、救護の人に声をかけられたり。

すこし落ち着いてから、荷物をまとめて会場外に。

 

友達を待ちつつ、ゴールまであと300mほどでランナーたちをハイタッチで見送ります。

泣きながら走ってくる人や、目の前にあった電光掲示版のメッセージで、こっちまでうるうるしながら手を伸ばしていました。

f:id:yururi21:20160317234920j:image

そうこうしていたら、友人2人が走って来て涙が。本当に良かった…。

無事にみんなゴールしてティファニーをゲットできました。

f:id:yururi21:20160317235211j:image 自分で手にした初めてのティファニー;;どんなタイムでもやっぱり嬉しい!!!

その後の話

新幹線の時間は21:00過ぎ。いや、本当にこの時間にして良かった…。

3人で合流して写真を撮ったりしていたら、更衣室についたのが16:45頃。

17:00に閉めるとせかされながら着替えて、ドームで着替えた後は名古屋駅にある名古屋めし居酒屋へ。

友人が調べてくれたこのお店。ちなみに17:30頃に電話を入れて、予約が出来たので穴場かも。広い座敷ではランナーグループが打ち上げをやっていました。

名古屋コーチンとか味噌カツとかを少しずつつまみにして楽しめたのが良かった!

tabelog.com

そのあとはホテルに荷物を取りに行って、新幹線ホームのきしめん屋さんで締めのきしめん。21:00頃の新幹線でしたが、このために20:15には新幹線ホームで並ぶという気合いの入れよう。

f:id:yururi21:20160317234945j:image

少し並んでいる人もいましたが、回転が速かったので、10分後にはきしめんを食べることができました。

f:id:yururi21:20160317234954j:image 居酒屋で食べてきたのにがっつり。

 

tabelog.com

 

新幹線の座席についたら、爆睡。こうして実は初のマラソン遠征だった名古屋ウィメンズマラソンの旅が終わりました。

(食べてばっかりだったので、完走したのに、体重が全く変わりませんでした)

 

振り返ってみて

<レースについて>

とっても走りやすいコース。たぶん、今まで走った中だと、つくばと同じくらい走りやすいかも。ただ、折り返しが多いのでちょっと辛かったです。

個人的な感想は、ロング走レースペースでやらなかったのが良くなかったかな。練習のペース(スピード的な意味で)を落としていたのでそれをカバーするために、短い距離を早く走る練習とか・・・はあ。。

来シーズンもフルマラソンを走りたい大会(富山マラソン)があるので、のんびり走ることは続けていきたいですが、タイムへの欲求は今はあんまりないです。時間が経つと変わってくるかな。

 

<その他のこと箇条書きで>

  • ホテル名古屋駅の上にして良かった。9月に予約しただけあった!とっても楽でした。
  • 名古屋飯とっても満喫出来ました。もはやフルマラソンを走ることを言い訳に食い倒れツアー化してたところも。これもいい思い出。
  • 来年、名古屋走りたくなったとして、今年こんなに楽しかったのに一人で来れる気がしない…。
  • 台湾の人がとにかく多かった。後ろにも初めてのフルマラソンです!っていう手作りゼッケンをつけている人が多くて、心の中でとっても応援した!
  • まさかメナードからの参加賞がスキンケアキットだったなんて。名古屋ウィメンズ行くならスキンケア用品は持っていかなくていいのかも。
  • とにかく本当に楽しかったー!!!

 

と言うわけで、先週の金曜日あたりからずっとマラソンの話題でしたが、

名古屋ウィメンズマラソンに関してはこれでおしまい!

楽しかったことや自分の好きなことはついつい手が動いて、どんどん長くなっていました。

こうやって書いていると、なんだかまた走りたいような。三連休のどこかでまた走りはじめようかな。