春の美術館めぐりのために


f:id:yururi21:20160303235515j:image

春の美術館巡り用のチケットを金券ショップで見かけてついついご購入。
カラヴァッジョ展とルノワール展です。

この春の美術館は色々行きたい展覧会が多すぎて迷うところ。
ピクサー展やダヴィンチ展も確か今やっているはず。

最近西洋美術史について勉強しようと思って、歴史の流れをルーズリーフに書いてみたら、やっと少し頭に入ったみたいで、今までに足を運んだ展覧会の画家の活躍した前後関係が掴めてきました。
前に西洋美術史の本も読んでいましたが、自分の見たものを思い返しながら頭に入れるようにすると、スムーズに理解できるみたいです。

ちなみにその時読んだ本がこちら。

鑑賞のための西洋美術史入門 (リトルキュレーターシリーズ)

鑑賞のための西洋美術史入門 (リトルキュレーターシリーズ)

いろいろ本屋さんでパラパラめくって見てみましたが、こちらの本が一番分かりやすかったです。また図書館で借りたいところ。

3月はカラヴァッジョ展に行くつもりです。
日本どころか世界初公開の作品があることも話題になっていてとっても混みそうですが…チケットも期間が決まっているので早めに行ってこようかなと思います。
こういうチケットを買うと、先のおでかけの予定を予約してるみたいでなんだか楽しい気持ちに。
そうやって、美術館以外にもこの春はいろんなところに行けたらな!と思う今日この頃です。