【つきいち美術館の会】2回目のモネ展の話

先月足を運んだモネ展で「印象、日の出」を観てとても感動して、

後期も観に行こうと思い、11月のつきいち美術館の会は2回目のモネ展に行くことにしました。

 
ちなみに前回の感想はこちら 
今回の目的は後期からの展示の「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」を見ること。
 
目的の絵は蒸気のもやっとした様子がその場所をそのまま映しとったみたい。
汽車からもくもくと蒸気が出て、駅員さんが出発前か到着後なのかわからないけれど、
慌ただしく働いている様子がその蒸気の空気感で伝わってくるような絵でした。
丁度ガイドさんが近くにいて、ちょっと盗み聞きしながら。笑
建物とか汽車がメインではなく、まわりの空気が主役の絵。
当時は近代化が進む時代で、同じような場面なら汽車とか近代化の象徴みたいなものをメインに据える絵が多かったらしいけれど、モネの絵はあくまでもそれらは脇役だったようなことを言っていて、思わず心の中で「そうなんだ・・・!」とつぶやいていました。
 
この記事を書くために、改めてHPの画像やポストカードで見るとちょっと何かが違くて。
その違いを知ることができる機会があったことがありがたいなあ。とちょっと思ったり。
 
あと、前回あんまり印象に残っていなかった睡蓮の絵。
(後半は睡蓮の絵ばかりなんですけど・・・ポスターなどになっている63番の絵)
なんであんまり印象的じゃなかったんだろうなあと思うくらい素敵な絵でした。
水面に浮かぶ睡蓮が主役ですが、その水面に映る周りの木々が水辺の風景も連想させてくれるような。
 
どうして言葉にするとこんなに感動が伝わらないんだろう・・・。
なかなか難しい。
けれど、2度足を運んだモネ展は、生で絵を見て、その作品の空気感を味わうことの楽しさを教えてくれたような展示会でした。楽しかったなー。
 
 f:id:yururi21:20151128224336j:image
 気がついたら買ってた…ミュージアムショップ怖い。
大量にあるからマスキングテープもう買わないって誓ったのに。
----
個人的な混雑度:☆☆☆☆ 
※2度目で、混雑していたところはさらっと見ていたのであまり参考にならないかもです。
2015/11/27 18:10頃から19:30くらいまで
前回同様入場時に待ち時間なし。ロッカーも探せば空いてるところ見つけられるかな…くらい。
前半のほうが作品がばーっと展示されているからもあるかもしれませんが、前半は結構混んでました。
あ、でも仕事終わりの人が結構多い時間だったからなのかな・・・。
2度目なので、混んでいるあたりは後ろから見たりしつつ。
「サン=ラザール駅」は「印象、日の出」と展示方法が変わっていて、より近くからじっと見ることのできるような配置でした。
(前回は人が通れる通路ほど空いていて、近くで見るときは前を通過しながらでしか見れなかった)
(おそらく混雑度合によって展示方法変えているんだろうなあと)
 前回より、短時間で帰っているので、ミュージアムショップのレジ列は比較的短めでした。